あなたは大丈夫?お葬式の一般参列者のマナーや当日の正しい服装

葬儀 お葬式のマナー
葬儀に参列するとなったとき、心配になるのは「葬儀でのマナー」ですよね。

ご遺族の方々に失礼のないようにするのは当然ですが、葬儀にふさわしい服装や言動など注意すべき点はたくさんあり、それらをしっかり把握しておかないと、知らず知らずのうちに相手を不快にさせてしまうこともあるかもしれません。

「お葬式で失敗したくない、相手に不快な思いをさせたくない」
「どういうところに気をつければいいのか、よくわからない」

そんなみなさんに向け、当記事では葬儀のマナーをご紹介いたします。参列の前にひととおり目を通していただければと思います。

まずは身だしなみ――葬儀にふさわしい服装とは?

男性の服装

男性の服装
男性は黒のブラックスーツが基本となります。和装でも構いませんが、現在では黒のスーツを着て通夜や告別式に臨むのが一般的です。

ネクタイはもちろん黒の無地、Yシャツも白の無地にしてください。髪の毛の色が派手な場合は、黒染めを行ったほうが無難です。

カフスボタンをつける場合は黒色のものを選びましょう。ネクタイピンはつけず、その他アクセサリー等は身に着けないほうがよいでしょう(結婚指輪はつけたままでOK)。

靴と靴下も黒を選び、Yシャツ以外は全身黒色になるようにしてください。

当然のことですが、パーティ用の服装や私服はNGとなります。また、香水をつけるのも控えたほうがよいでしょう。葬儀はお洒落をしていくものではありません。

女性の服装

女性の服装
女性の服装も洋装と和装がありますが、最近ではやはり通夜から告別式まで洋装で統一するのが一般的となりつつあります。ですのでここでは洋装についてお話します。

こちらも男性と同じく、上着、スカート、ストッキング、その他バッグ等は黒に統一し、ブラウスは白の無地にします。

上着は長袖、スカートの丈は膝下くらい、ストッキングはラメ入りなどの派手なものは避けてください。

バッグはできるだけ光沢のないもの、派手な金具のついていないものを選びましょう。

髪の毛は長い場合にはすっきりまとめるようにしてください。その際はあまり目立たない黒の髪留めを用います。

女性の場合は、結婚指輪以外のアクセサリーをつけることも可能です。ただしそれにも色々と制約があります。

涙を連想させる真珠や、あまり目立つことのないブラックオニキスや黒珊瑚はOKでも、たとえばダイヤやピンクパールなどの派手なアクセサリーはNGです。

また、真珠のネックレスであっても、それが2連(2重)になっているものは厳禁。

不幸が重なることを連想させるので、ネックレスは単一のものを選んでください。

服装はマナーの基本

どんな場面でもそうですが、服装はマナーの基本です。どんなに礼儀作法がしっかりしていても、葬儀にふさわしくない格好をしていては台無し。

葬儀にふさわしい服装とは、一言でいえば「黒を基調とし、とにかく地味にシンプルに」です。

アクセサリー等、身につけるべきか迷ったときは、身につけないほうが無難でしょう。

ちなみに、数珠はあってもなくてもOK。仮に身につけていかなくてもマナー違反にはなりません。

葬儀参列のマナーとは?

葬儀参列のマナー

式場でのマナー

服装を整えたら式場へ向かいます。当然のことですが、遅刻や無断欠席はマナー違反。早めに会場に着くようにしてください。

会場に着きましたら、まずは受付を済ませます。低く控えめな声で受付の方にお悔やみを述べ、香典をお渡しし、名前等の記帳を行って会場内へ入ります。お悔やみの言葉は

「この度はご愁傷様でございます」
「この度は突然のことで」

など短いものでも問題ありません。うまく気持ちを伝えられない場合は黙礼でも構いません。

会場中では私語を極力慎んでください。また、ご遺族の方に挨拶をする際には、重ね言葉や忌み言葉にも注意が必要です。

注意すべきこと

重ね言葉
「たびたび」「なかなか」「重ね重ね」「重ねて」「続けて」「追って」
忌み言葉
「死亡」「死去」「ご存命中」「とんでもない」「めっそうもない」

これらの言葉(上記以外にもたくさんあります)を用いることはできるだけ避けましょう。

今ではこれらの言葉を気にされない方も多いでしょうから、そこまで神経質になる必要はないと思いますが、ご遺族の方とお話をされる際には極力使わないよう注意してください。

告別式中のマナー

告別式は喪主の挨拶や弔辞弔電、読経や焼香などで1~2時間くらいはかかります。事前にお手洗いを済ませておいたほうがよいでしょう。

喪主や弔辞の役を担っているのでなければ、基本的には告別式中は椅子に腰掛けて式の運びを見守ることとなります。

私語や居眠りでもしないかぎりはマナー違反になるようなことはないでしょう。

残る問題は、お焼香ですね。お焼香は何度も行う場合もあり、特に気をつけなければならないのは、立って行う「立礼焼香」です。

式場の前の焼香台へと行き、参列者が順番に焼香をする流れとなります。おおまかな流れ、作法は以下のとおりです。

お焼香の流れ

①列に並び、自分の順番が来たら後ろの人に軽く会釈をして、祭壇に向かう。

②祭壇前で僧侶と遺族に一礼。もう一歩すすみでて、香炉の前に立つ。

③香炉から右手で、3本の指を使ってお香をつまむ。この際、左手は気をつけをした状態で動かさない。

④つまんだ香を目の高さにまでおしいただき、その後、炉にくべる。※宗派によっては③〜④を何度か繰り返す場合も。

浄土宗→1〜3回(特に決まりはなし)

浄土真宗→1〜2回(香をおしいただく動作は本来は不要)

真言宗→3回

日蓮宗→1回もしくは3回

曹洞宗→2回(1回目はおしいただく。2回目は必要なし)

⑤焼香を終えたら遺影に手を合わせ、故人の冥福を祈る。僧侶と遺族に再度一礼し、会場の端を通って自分の席へ戻る。

以上が立礼焼香の流れです。

他にも座礼焼香や回し焼香などがありますが、焼香自体の仕方は変わりません。座礼の場合は正座をしたまま移動する「膝行」を意識すれば大丈夫です。

回し焼香に関しては、炉が席へ回ってくるだけでほかは同じと考えて問題ないでしょう。遺族への一礼などは回し焼香では省かれます。

出棺のマナー

告別式の終わりには、故人の棺にお花を添えるお別れの儀があります。

お花を添え、納棺が済むと、故人が霊柩車で火葬場へ運ばれていくのをお見送りし、お葬式はこれで終了となります。

出棺の際には、できるだけ長くお見送りをするのがマナーです。霊柩車が完全に見えなくなるまで、お見送りをしてあげてください。

お葬式の一般参列者のマナーや当日の正しい服装まとめ

お葬式の一般参列者のマナーや当日の正しい服装まとめ
以上、葬儀のマナーをご紹介いたしました。

この他にも、弔問や通夜への参加をする場合や、自分が喪主になった場合、弔辞を依頼された場合など、ケースによって少しずつ注意すべきことが変わってきます。

ですが、一般の参列者として葬儀に参加する場合には、上記のことを覚えていれば失敗することはないでしょう。

心に残るお葬式にするには、喪主だけでなく参列者各人の配慮も必要です。

マナー違反でいらぬ迷惑を掛けるようなことはぜひとも避けたいところですね。

葬儀・告別式のマナーまとめ

最大の違いは埋葬方法?日本と海外の葬儀の違いや近年の傾向とは?

2018/10/10  

日本と海外とでは、葬儀の内容やマナーが異なります。そもそも宗教が異なるという部分もありますが、その国ごとの事情によって、同じ宗教であっても少しずつ内容の異なることがあるようです。 当記事では、日本と海 ...

葬儀・告別式のマナーまとめ

【葬儀】香典・香典返しの相場金額やルールやマナーを徹底解説!

2018/10/10  

葬儀に参加する際に必要になるのが「香典」です。香典は故人の霊前に供えるもので、お香やお花の代替品となります。 これは急な不幸でお金が必要になったご遺族の方への援助でもあり、通夜、葬儀、告別式には必ず持 ...

葬儀・告別式のマナーまとめ

葬儀≠告別式?通夜・告別式の本来の意味や起源をわかりやすく解説

2018/10/10  

一般的な葬儀には「お通夜」と「告別式」があります。 お通夜は親族の方が集まり、故人と同じ部屋で一晩過ごし、告別式では読経や焼香が行われますが、果たしてこれらの儀礼には本来、どのような意味があるのでしょ ...

Copyright© 【葬儀のお悩み解決】お葬式の費用や準備ならお任せ!安心の業者比較 , 2019 All Rights Reserved.