葬儀・告別式のマナーまとめ

【葬儀】香典・香典返しの相場金額やルールやマナーを徹底解説!

更新日:

香典・香典返し
葬儀に参加する際に必要になるのが「香典」です。香典は故人の霊前に供えるもので、お香やお花の代替品となります。

これは急な不幸でお金が必要になったご遺族の方への援助でもあり、通夜、葬儀、告別式には必ず持参するのがマナーです。

しかし、お葬式に慣れていない人にとって、香典は謎の多いものではないでしょうか。

「香典をお渡ししようと思うんだけど……いったい幾らくらい包めばいいの?」
「紙に包むと聞いたけど、どんなのに包んでいけばいいの?」
「香典をお渡しするタイミングや、その際にかける言葉って?」

当記事では、そんな香典に関するお悩みを解決すべく、香典の相場や包み方、授受の決まりごとなどをお話ししたいと思います。

併せて「香典返し」についても解説いたしますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

まずは下準備――香典の相場や包み方とは?

香典の相場や包み方
香典として包むお金の額は、あなたの年齢や故人との関係によって変わってきます。以下に、「あなたと故人の関係ごとの香典の金額の相場」をまとめてみました。

ご遺族の方との関係ではなく、故人本人との関係によって相場が変わりますので注意してください。

親類への香典

20代 30代 40代以降
あなたの祖父母、配偶者の祖父母 10,000円 10,000円〜30,000円 30,000円〜50,000円
父母、配偶者の父母 30,000円〜100.000円 50,000円〜100,000円 100,000円
兄弟姉妹、配偶者の兄弟姉妹 30,000円〜50,000円 50,000円〜100,000円 100,000円
叔父、叔母 10,000円 10,000円〜30,000円 10,000円〜30,000円
その他の親戚 3,000円〜10,000円 3,000円〜20,000円 5,000円〜30,000円

友人、知人への香典

20代 30代 40代以降
あなたの友人、知人 5,000円 5,000円〜10,000円 5,000円〜10,000円
友人、知人の父母 3,000円〜5,000円 3,000円〜10,000円 3,000円〜10,000円

会社や学校関係者への香典

20代 30代 40代以降
勤務先の上司 5,000円 5,000円〜10,000円 5,000円〜20,000円
勤務先の上司の家族 3,000円〜5,000円 3,000円〜10,000円 5,000円〜10,000円
勤務先の社員 5,000円 5,000円〜10,000円 10,000円〜
勤務先の社員の家族 3,000円〜5,000円 3,000円〜10,000円 3,000円〜10,000円
先生、教師、恩師 3,000円〜5,000円 3,000円〜10,000円 3,000円〜10,000円

顔見知りその他

20代 30代 40代以降
隣近所の人 3,000円〜5,000円 3,000円〜10,000円 3,000円〜10,000円
仲人 10,000円 10,000円 10,000円〜

以上が香典金額の相場です。全く交流のなかった親類の葬儀などに参列する場合には、香典をお渡ししないこともあるようですが、冒頭で述べたように香典にはご遺族の方への金銭的援助という側面もあります。

困ったときはお互い様、気持ち程度には包んで差し上げたほうがいいのではないかと個人的には思います。

それと、故人があなたの友人や知人であった場合や、あなたの学生時代の恩師であった場合、同じく故人と友人、知人、その教え子であった人たちと連名で香典をお渡ししても構いません。

香典として包むお金に関するマナー

上に、あなたの祖父母の葬儀に持参する40代の方の香典相場金額を30,000円〜50,000円と書きましたが、40,000円をお渡しするのはご法度です。4と9という数字はそれぞれ「死」「苦」を連想させるので避けてください。

同様に、4,000円、9,000円、90,000円もNGとなります。包む際には金額によくよくご注意ください。

それと、香典に包むお金は「新札はNG」となっております。新しいお金であっても一度折り目をつけるなどしてお包みしてください。

香典袋に注意

香典は、専用の香典袋で包んでお渡しします。香典袋自体は雑貨店や最近ではコンビニでも販売されていますが、注意しなければならないのは、故人の家の信仰する宗教により、袋が変わってくるということです。

最も一般的なのは、蓮の花の絵が印刷された香典袋で、これは「仏式用」となります。お坊さんがお経を読んで、参列者で焼香をして、という一般的なお葬式ならこの仏式でOKです。

お葬式がキリスト教の場合には、水引のない袋を使うなどの決まりがあります。宗教ごとに異なりますのでご注意ください。

香典の包み方

さて、お香典の包み方ですが、香典袋には中袋と外袋があります。この中袋にお金を入れることになりますが、まずは中袋の表に金額や住所氏名を記入します。

普通、中袋には履歴書などと同じく、住所等を記載する欄がありますが、もしそれが無い場合には、「表面に金額を、裏面に住所氏名を」書き入れてください。

金額は難しいほうの漢数字を使います。以下を参考にしてください。

漢数字の書き方

1 壱
2 弐
3 参
5 伍
7 七(漆でも可)
8 八
10 拾
100 百
1,000 仟もしくは阡
10,000 萬

10,000円→壱萬円
3,000円→参仟円

中袋に必要事項を記入しましたら、そこへお金を入れます。お金の向きに関しては特に決まりはありませんが、袋を空けたときにお札の顔が見えないようにするのが慣例となっています。

裏面を手前側にして入れればOKです。ただし、お札の向きはすべて同じにしてください。一枚だけお札の表面がこちらを向いている、ということのないように注意しましょう。

お金を中袋に入れたら、左から右、下から上の順に包みをかぶせます。それを外袋に入れれば良いのですが、その前に、外袋のほうにも名前等を記入しなければなりません。

香典袋(外袋)の表書き

香典袋の表面には、これが何のお金なのか、これをお渡しするのは誰なのか(自分の名前)を書き入れます。

たとえば「御霊前 山田太郎」といった形ですね。表書きの仕方は宗教によって異なるので注意が必要です。

香典袋(の表書き

仏式
御霊前、御香典、御香料
キリスト教式
御霊前、御花料神式
御霊前、御玉串料、御榊料(おさかきりょう)

※宗教がわからない場合は「御霊前」でOK

上記の表書きは、外袋表面の上段に書き入れます。名前は下段にフルネームで記入しましょう。

準備ができましたら、香典をふくさなどに包み、告別式場に持参します。

知らなきゃまずい香典の渡し方

香典の渡し方
続いては香典の渡し方を見ていきましょう。一般的な葬儀では、告別式場入り口に受付があり、その受付の方に香典をお渡しすることになります。

受付に着きましたら、まずはお悔やみの言葉、「この度はご愁傷様でございます」「この度は突然のことで」などと述べて、受付の方の指示に従い、あなたの名前と住所を記入します。

その後、ふくさから香典を出して、賞状を渡すときのように、相手が文字を読める向きにしてお渡ししてください。お渡しする際に一礼するとより丁寧な感じとなります。

香典をお渡ししたら再度一礼し、受付の方の案内や、案内板に従い会場に入りましょう。

受付が無い場合

受付がない場合には、故人を拝礼する際に霊前に供えるか、ご遺族の方に直接お渡しすることとなります。

渡し方自体は、受付の方にお渡しする場合と同じです。御霊前に供える際にも、ご遺族の方にお渡しする際にも、相手が文字を読める向きにしてお渡ししてください。

代理でお渡しする場合

配偶者や知人などの代理でその人の香典をお渡しする場合には、まず受付で記帳、香典の授受を行い、続いて「本日◯◯は参りませんので、預かって参りました」と受付の方に伝え、預かった香典をお渡ししてください。

次に、香典を預かった人物の記帳をします。自分の氏名住所を書いたのとは別の欄に、香典を預かった方の氏名と住所を記入します。

その際、来られなかった人の名前の下に「代理」と記してください。

金額に応じたお返しを――香典返しの仕方やマナー

香典返しとは、文字通り香典をくださった方へのお返しのこと。弔辞を無事に終えたことを伝えるものでもありますので、四十九日を過ぎてからお渡しするというのが通則となります。

ただし最近では、葬儀当日に会葬御礼とともに香典返しをお渡しすることもあるようです。この辺りのことは御家族、葬儀社と相談されるのがよいでしょう。

香典返しの品物

香典返しには、不祝儀(ご祝儀の逆)を残さないという考え方がありますから、基本的には「あとに残らないもの」がよいでしょう。

たとえば飲食物は、食べ終えればそのモノがなくなるわけですから、香典返しに適しています(一部例外あり)。菓子折りや紅茶セットなどを選ぶのが無難でしょう。

香典返しに適さない飲食物
肉と魚(四つ足生臭ものとして避ける風習がある)、酒などの嗜好品、鰹節や昆布(慶事に用いられるため)

その他、石鹸や洗剤なども、あとに残らないものですから、香典返しとして選んでもOKです。

ただし、石鹸や洗剤は家ごとに愛用しているものが違います。相手が使い道に困ってしまう可能性がありますので、やはり菓子折りなどの飲食物がよいと思われます。

香典返しの内容は、できればいただいた香典の金額によって差をつけたいところです。いただいた香典の半分、もしくは3分の1程度の金額のものをお送りします(半分返すのが一般的)。

相手に失礼のないようにご注意ください。

香典返しの仕方

香典返しは本来、喪主となった人が香典をくださった人々の家をお訪ねし、直接手渡しをするものでした。

ですが、それはあまりにも大変なので、最近では挨拶状とともに香典返しを郵送することが多いようです。香典返しをのし袋などに包んで、挨拶状とともに会葬者宅に送付してください。

ちなみに、先ほど葬儀当日に香典返しをする場合もあると述べましたが、その場合は会葬者全員に一律で同じ品を渡し、高額の香典をくださった方には、後日改めてお返しをするという流れになります。

各会葬者の香典の金額をしっかりと把握しなければなりませんね。

香典返しをしないケースも

上記とは別に、香典返しをしないケースもあります。

たとえば、喪主の方が一切の香典や供物をお断りされていた場合や、専業主婦とその小さな子供が夫(働き手)を亡くした場合、香典を慈善団体や社会福祉施設などに寄付した場合は、香典返しは必要ありません。

ただし上記のような場合でも、葬儀に参列してくださったことに対する御礼は申し上げるべきかと存じます。後日挨拶状を送り、香典返しをしない理由をそれとなく伝えてください。

たとえば、いただいたお香典は娘の養育費に充当いたしますとか、故人の遺言に従い施設に寄付いたしましたとか、ですね。

だから香典返しはいたしません、とは書かなくてOKです。そうはっきり書かれると不快に思ったりする人もいるかもしれません。なんとなく理由が伝わればOKです。

香典・香典返しの相場金額やマナーまとめ

香典・香典返しの相場金額やマナーまとめ
以上、香典や香典返しの仕方やマナーなどをご紹介いたしました。

香典にはご遺族の方への支援の意味合いもあり、たとえ故人と付き合いがほとんどなかったとしても、少しくらいは包んだほうが宜しいでしょう。

もしお渡しするのなら、香典袋や表書きに宗教ごとの違いがあるので、注意してくださいね。

一方、香典返しは「あとに残らないもの」をお送りするのが通例であり、品物としては菓子折りなどが適しています。

いただいた香典の半分の金額の品をお返しする「半返し」が一般的ですので、香典の金額をきちんと把握して、その人物からいただいた香典金額にふさわしい品をお送りするようにしましょう。

  • この記事を書いた人

ソーサイ

ご家族や親族の急な葬儀でお困りの方必見!葬儀やお墓に関しての情報や費用の比較など、どこよりもわかりやすく解説していきますよ!

-葬儀・告別式のマナーまとめ

Copyright© 【葬儀のお悩み解決】お葬式の費用や準備ならお任せ!安心の業者比較 , 2019 All Rights Reserved.