葬儀・お葬式の費用比較

火葬のみの格安葬儀も可?葬儀コンシェルの特徴や各プラン料金まとめ

更新日:

葬儀コンシェル お葬式
身内に不幸があったものの、お葬式にそこまでお金をかける余裕はない、生活保護を受けている身なので家族葬ですら難しい……そんな方には「葬儀コンシェル」がおすすめです。

葬儀コンシェルは、一般葬からオーダーメイド葬儀、はたまた火葬のみを行う火葬式まで、ありとあらゆるジャンルの葬儀に対応しています。

「お葬式は心に残るものにしたいし、故人とちゃんとお別れしたいけど、何十万円も払う余裕はない」
「予算の範囲内で自由にできる葬儀社を探しているんだけど、安くて良いところがなかなか見つからない」

葬儀コンシェルなら、それらのお悩みは解決します。スピーディでリーズナブルな葬儀コンシェルを利用すれば、できるだけ費用を抑えたうえで、心に残るご葬儀の開催が可能です。

当記事では葬儀コンシェルのサービス内容や料金、利用方法などについてご紹介いたします。

スピーディな対応で人気?葬儀コンシェルのサービス内容とは

葬儀コンシェルの基本的なサービス、つまり一般葬を行う場合のサービス内容は、他社とほとんど変わりません。

電話相談の後、スタッフが病院等に来てご遺体の搬送を手伝ってくれます。そしてご遺体を安置所へ搬送したあとは、各種葬儀の打ち合わせを行い、数日中にご葬儀を行う流れとなります。

一般葬を行う場合において、他社と異なるポイント、セールスポイントを挙げるとすれば、ご遺体搬送までの動きがスピーディであるということでしょう。

葬儀コンシェルは全国対応、24時間365日営業しており、電話相談終了後30分以内に病院や警察署へ遺体を引き取りに行くことをモットーとしているのです。

電話をしてから1時間も2時間も待たせるような会社とはワケが違います。

業界最安級のプランがある

葬儀コンシェル 火葬式
さらに、これが葬儀コンシェルのいちばんの魅力であるのですが、この葬儀社には業界最安級のプランがあります。それが「火葬式」です。

火葬式とは、文字通り火葬のみを行うお葬式のこと。一般葬では通夜や告別式、そして火葬と段階がありますが、火葬式では火葬しか行いません。

メリットとしては、料金が安く出費が抑えられるということが挙げられます。亡くなられた方ときちんとお別れをしたい、でも現実的にそのお金がなく、一般的な葬儀が難しいという場合には、火葬式がおすすめです。

料金については再度、次章で詳しくご紹介いたしますが、葬儀コンシェルの一般葬の料金が637,800円であるのに対し、火葬式は187,800円となっています。一般葬と比べると非常に安いですよね。

ちなみに、葬儀コンシェルには一般葬や火葬式のほかに、身内葬、家族葬、自宅家族葬、一日葬などのサービスがあります。

予算や時間的余裕に合わせて、好きな形式を選ぶことができるのです。

火葬式の料金詳細に移動

相談は無料

相談は無料
初めて喪主となられる方、御家族を亡くされたのが初めてである方は、わからないことだらけで不安だと思います。

葬儀社に相談しようにも、一度相談したら契約までしなくちゃいけないような気がして心配ですよね。

しかし葬儀コンシェルなら大丈夫です。専任コンシェルジュへの相談は完全無料となっていますし、無理な勧誘は一切ありません。

電話番号は、0120-545-669となっております。お客様対応にも定評のある葬儀社ですので、まずは一度ご相談されてみてはいかがでしょうか。

業界最安?葬儀コンシェルの料金はどれくらい?

ではここからは、プランごとのサービス内容とその料金をご紹介したいと思います。以下、価格はすべて税込みです。

一般葬:637,800円

一般葬
一般葬とは、先ほども触れましたが通夜式、告別式、火葬を行う一般的な葬儀のことです。

参列者の想定人数は80〜120名。他のプランもそうですが、追加料金は一切ありません。

ただし、お坊さんに支払うお布施は別途となります。何故かと言うと、葬儀を依頼する方の中にはお坊さんに知り合いのいる方も多いんですね。

葬儀コンシェルのほうでお坊さんを呼んでしまうと、かえって依頼者を困らせてしまう結果となりかねないのです。

それと、葬儀コンシェルのプランの中では最も高額な一般葬プランですが、ご遺体の搬送距離や、安置期間、会葬礼状の枚数などには制限があります。

詳しくは葬儀コンシェルにお訊ねください。

もっと詳しく見てみる

身内葬:587,800円

身内葬
身内葬とは、一般葬よりも規模の小さな葬儀のこと。ご家族はもちろん、ご親戚、ご友人などにご参列いただくものです。

葬儀コンシェルの身内葬の参列者の想定人数は50〜80名。一般葬の半分から3分の2程度の規模になります。

葬儀の流れは一般葬と同じです。

もっと詳しく見てみる

家族葬:487,800円

家族葬
家族葬は、身内葬よりもさらに規模の小さなお葬式です。基本的にはご家族、ご親族の方々のみで執り行います。お通夜、告別式、火葬と、葬儀の流れ自体は一般葬と同じです。

一般葬よりも安い葬儀を行いたい、親戚だけでしめやかに故人とお別れをしたい、故人が生前に大規模なお葬式はするなと言っていた。このような場合には家族葬がおすすめです。

もっと詳しく見てみる

自宅家族葬:387,800円

自宅家族葬
自宅家族葬は、家族葬をご自宅で行うというものです。葬儀の流れは通夜、告別式、火葬と通常の葬儀と変わりませんが、火葬以外は自宅で行うため、告別式場の使用料などがかからず、出費を抑えることができます。

また、「どこの会場も予約がいっぱいでお葬式ができない!」「予約は取れたけど自宅から遠くて大変……」などと悩むこともなくなります。

ご自宅で行う葬儀ですから、ご近所にお住まいの知人の方も招きやすいでしょう。よりアットホームなお葬式を求めるのなら、自宅家族葬がおすすめです。

ただし、自宅家族葬を行う場合には、ご遺体をご自宅に安置しなければならないため、ご遺体を寝かせておくスペースや、空調設備などが必須となります。

加えて、お通夜から告別式にかけて、葬儀コンシェルのスタッフが手伝ってくれることはなくなりますので、その点はご注意ください。

お通夜、告別式は基本的に、喪主や世話役の方が取り仕切る格好となります。

もっと詳しく見てみる

一日葬:337,800円

一日葬
一日葬とは、お通夜を省き、告別式から火葬までを一日で行う葬儀のことです。

お通夜の会場の使用料金や、料理の代金などが一切かからないため、一般葬よりも遥かに安いお値段で葬儀を執り行うことが可能です。

メリットは、一日で葬儀が終了するため、ご高齢のご遺族の方の身体的負担が少ないこと、日帰りが可能であるため遠方から来られた参列者の方々に宿泊費等の経済的負担をかけずに済むことなどでしょう。

ご親族にご高齢の方が多い場合や、遠方にお住まいのご親族が多い場合にはおすすめのプランです。

もっと詳しく見てみる

火葬式:187,800円

火葬式
そして火葬式。これは火葬のみの最もシンプルな葬儀です。連絡のあった日に葬儀コンシェルスタッフがご遺体の配送に伺い、その翌日には納棺、火葬という流れとなります。

メリットは、先述したように経済的な負担が少ないということと、一日葬よりも早く葬儀が終了するため、ご高齢の方への身体的負担、参列者の方々の経済的負担が減るということです。

今現在、年金のみで生活されている方や、生活保護を受給されている方などにおすすめのプランです。

もっと詳しく見てみる

葬儀コンシェルの特徴や各プラン料金まとめ

以上、葬儀コンシェルのサービス内容や料金などをご紹介いたしました。

ご連絡から最短30分で駆けつけ、喪主になる方の予算や日程の都合にあわせて、好きなプランを選べるというのが魅力的ですね。

価格も最安187,800円と、業界トップクラスにリーズナブルとなっております。

さらに、事前に資料請求をしておけば、5,000円〜10,000円の割引を受けられるとのこと。上にご紹介した料金はすべて、その割引適用後のものです。

資料請求は無料でできますから、まずは葬儀コンシェルの各プランの詳細について、目を通してみてはいかがでしょうか。もちろん電話相談もOKです。

みなさんも、葬儀コンシェルで心に残るお葬式を企画されてみてください。

  • この記事を書いた人

ソーサイ

ご家族や親族の急な葬儀でお困りの方必見!葬儀やお墓に関しての情報や費用の比較など、どこよりもわかりやすく解説していきますよ!

-葬儀・お葬式の費用比較

Copyright© 【葬儀のお悩み解決】お葬式の費用や準備ならお任せ!安心の業者比較 , 2019 All Rights Reserved.