葬儀・お葬式の費用比較

全てのサービスが完全無料!?葬儀社仲介「葬儀レビ」の口コミや費用

投稿日:

葬儀レビ
葬儀社と検索すると、数えきれないほどの葬儀社がヒットします。そのためどこを選ぶべきなのか、わからなくなってしまう方も多いでしょう。そんなときに役立つのが、葬儀社仲介業の「葬儀レビ」です。

葬儀レビでは、全国の葬儀社のデータベースから最もリーズナブルで内容の良い葬儀社を選び出し、あなたに紹介してくれます。

当記事では葬儀レビのサービス内容や、料金目安など、様々な情報をお届けいたします。

心に残るお葬式を――葬儀レビのサービス内容とは?

葬儀レビのサービス内容
葬儀レビは「葬儀社」ではありません。お通夜や告別式、火葬などのサポートをしてくれるのが葬儀社ですが、葬儀レビは、その葬儀社を紹介するというサービスです。

冒頭で述べたように、世の中にはたくさんの葬儀社があります。

葬儀社の数は2015年時点で6,000社以上。これらを自分で比較して最も良い葬儀社を探すというのは、大変に手間のかかる作業ですし、どれだけ時間がかかるのか見当もつきません。

しかし、同じ内容の葬儀をするにしても、葬儀社Aと葬儀社Bでは10万、20万と料金が違うこともあります。

もし10万、20万円くらいを浮かせることができれば、たとえばそのお金をお通夜の料理のグレードアップや仏壇の購入費用に充てたり、海外散骨の費用としたり、香典返しのために使ったりすることができるわけですよね。あるのとないのとでは大違いです。

個人で比較するのは大変な手間ですから、料金の安い葬儀社を見つけるのを諦めてしまう方も多いと思いますが、そこでご活用いただきたいのが「葬儀レビ」なのです。

葬儀レビは24時間、365日対応。全国の葬儀社を瞬時に比較して、あなたにぴったりの葬儀社を約500社の中から選び紹介してくれます。

一般葬ばかりでなく、家族葬、一日葬、火葬式、あるいはオリジナル葬儀など、ありとあらゆるニーズに対応しており、自分で葬儀社を探して比較して、という手間を完全に省くことができるのです。

さらに、葬儀レビはリーズナブルな葬儀社を紹介してくれますから、経費の節約にもなります。葬儀レビに相談した場合の一般葬儀費用は、平均118万円

一般葬儀費用の全国平均額は137万円であるため、葬儀レビに相談したほうが平均19万円安くなる計算となります。葬儀レビに相談するのとしないのとでは大違いですね。

ちなみに、葬儀レビに紹介してもらった葬儀社とは、契約しなくても構いません。料金やサービス内容が気に入らなければ、契約を断っても大丈夫なのです。

ご自身でざっと葬儀社について調べてみて、その後葬儀レビに相談すれば、よりクオリティの高い、かつリーズナブルなお葬式をできる可能性がアップしますね。

葬儀レビの料金

金額はコミコミ

葬儀レビに電話をすると、各葬儀社の葬儀料金を教えてもらえるのですが、その料金は「通夜、告別式、火葬、返礼品」など各種費用をすべてひっくるめた価格です。

そこから追加で料金が発生するようなことはありません。会場費がいくら、通夜の料理がいくら、告別式の祭壇がいくらと、別々に提示されてもわかりにくいですよね。

葬儀レビに相談すれば、葬儀全体の費用を教えてもらえるので、非常に便利です。

ただし、その料金には「僧侶へのお布施」は含まれておりません。これは寺ごとに金額が異なるため、併せて紹介することがどうしても出来ないんですね。

お布施の金額は大体、10万円から20万円といったところで、葬式の規模が小さくなればこれよりも安くなります。

葬儀レビに教えてもらった料金に、大体10万円前後を上乗せした金額が、今回の葬儀にかかる総費用であると考えてください。

アフターサポートも充実

お葬式が終わってからも忙しい日々は続きます。香典返しや遺産相続、お墓、法要など、わからないことが出てくる場面は多いでしょう。

そういう場合にも、葬儀レビなら安心です。葬儀レビなら、お葬式が終わったあとの相談にも乗ってもらえます。

香典返しに添える挨拶状はどんな内容にすればよいのかとか、遺産はどのようにして分けるのが通例なのかとか、気になったことを気軽に相談してみてください。

葬儀に際してわからないことが出てきたとき、自分でそれを解決しようと思えば、ネットや本などで調べることになりますが、思うような情報が見つからないことは多いのではないかと思います。

それが、葬儀レビを利用していればすべて一瞬で解決できるのです。これほど頼もしい存在が他にあるでしょうか。

利用料は無料

そして凄いのが、葬儀レビは完全無料のサービスであるということです。葬儀社を紹介してもらうのも、電話でわからないことを訊くのもすべて無料です。

葬儀社に支払う葬儀費用と、僧侶にお渡しするお布施以外には、一切お金はかかりません。

なぜ無料でこれほど高品質のサービスを提供できるのかというと、葬儀レビは各葬儀社から手数料を受領しているからです。

顧客個人からではなく、葬儀社のほうからお金をもらっているため、顧客個人に対しては無料でサービスを提供することができるわけです。

各葬儀社の比較を行ってくれるうえに、アフターサービスも充実していて、かつ完全無料であると。もはや利用しない理由のないサービスであると言えるでしょう。

ご家族が亡くなられた際には真っ先に葬儀レビに相談するようにすると、後々困ることがありません。

葬儀の料金目安や見積もりの仕方について

葬儀の料金目安や見積もり
では葬儀レビに相談した場合、葬儀費用はどれくらいになるのでしょうか?

見積もりは無料なのでまずは同社に相談していただくことをおすすめしますが、ここに一応、各形式の葬儀の料金相場を書き出してみたいと思います。

一般葬 903,332円

一般葬
葬儀レビを使用した場合の、参加人数50人程度の「中規模一般葬」の価格は、全国平均903,332円となっております。

中規模以上の一般葬は100万円以上することも多いので、これは結構安いほうであるといえるでしょう。

家族葬 579,489円

家族葬
家族葬とは、一般葬よりも規模の小さなお葬式です。家族、親類、特に親しかった知人、友人だけで行います。

規模は20名程度で、葬儀レビを利用した場合の料金は、全国平均579,489円となっております。最安のプランだと10万円程度で済むこともあるらしいので、まずは相談してみたほうがいいですね。

一日葬 448,153円

一日葬
一日葬は通夜を行わないお葬式(告別式と火葬のみ)のこと。規模は参列者30名程度を想定していますが、お通夜がなく日程が短いぶん、家族葬よりも割安となります。

一日葬は日帰りが可能であるため、親類に遠方にお住まいの方が多い場合や、ご高齢の方、お体の不自由な方が多い場合には適しています。

火葬式・直葬 190,167円

火葬式・直葬
火葬式とは、火葬のみを行うお葬式のことです。お通夜や告別式はなく、火葬前にお別れの挨拶だけして、その後火葬という流れとなります。

日程が短く、必要最低限のことしか行わないため、費用を抑えられるというメリットがあります。親類に遠方にお住まいの方、ご高齢の方が多い場合にも、火葬式がおすすめです。

火葬式と直葬は同じ意味で扱われることもありますが、明確に区別している葬儀社もあります。

火葬式の場合、ご遺体はみなさんのご自宅などに安置されることになりますが、火葬式と直葬を区別している葬儀社においては、ご遺体は葬儀社の有する安置所に置かれ、火葬直前まで面会することができません。

イメージ的には、火葬式をさらにシンプルに、簡素にしたものが「直葬」であるという感じですね。

葬儀レビの見積もり

葬儀レビでは、ネット上で見積もりをすることができます。

葬儀レビの公式サイトにアクセスしていただき、サイト上部のタブの左側にあります「一括見積り」をクリックしてください。

次の画面で、お名前、電話番号、ご対象者様の状況を入力、その後「かんたん入力1分 一括見積依頼」をクリックしましょう。そうすれば、葬儀費用が大体どれくらいかかるのかがわかります。

もちろん電話を問い合わせることも可能です。葬儀レビはフリーダイヤルですので、通話料金もかかりません。何か気になることがありましたら、気軽に問い合わせてみてください。

見積り無料

葬儀レビの口コミや費用まとめ

葬儀レビの口コミや費用まとめ
以上、葬儀レビのサービス内容等をご紹介いたしました。

全国500社以上の葬儀社の中からぴったりの葬儀を見つけてくれるサービスで、完全無料というのが素晴らしいですね。

お葬式が終了したあとも、香典返しや法要などについての相談をすることができ、非常に心強いといえるでしょう。

葬儀関連のサービスは色々とありますが、葬儀レビに関しては、利用しないのは確実に損だと思います。無料でしかもサービス内容も充実しているわけですから、使わない手はありません。

見積もりも電話での問い合わせもすべて無料ですので、まずは話を聞いてみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人

ソーサイ

ご家族や親族の急な葬儀でお困りの方必見!葬儀やお墓に関しての情報や費用の比較など、どこよりもわかりやすく解説していきますよ!

-葬儀・お葬式の費用比較

Copyright© 【葬儀のお悩み解決】お葬式の費用や準備ならお任せ!安心の業者比較 , 2019 All Rights Reserved.