葬儀・お葬式の費用比較

オリジナル祭壇で心に残るお葬式!「ストーリー」のサービス内容や料金

更新日:

ストーリー お葬式
自分の大切な人のお葬式に「行くことができなかった」、あるいは、友人や知人の都合がつかず、お葬式に「来てもらえなかった」。そういった場合には何らかの形で、別の機会に故人とのお別れ会を開きたいものですよね。

「でも、またお葬式みたいなことをするのはお金も手間もかかるし、気が引ける」
「お葬式よりもカジュアルな形で、気軽に参加できるお別れ会を開きたい」

そんな方におすすめなのが、お葬式ならぬお別れ会をプロデュースする、一風変わった葬儀関連会社「ストーリー」です。

大切な人とのお別れ会を、参加費5,000円程度から企画することができます。形式ばらず、個性豊かな会を企画することができるので、気軽に参加できますし、亡くなられた方それぞれの人柄に合った、素晴らしいお別れ会を開くことができるでしょう。

当記事ではそんな「ストーリー」の価格や特徴、過去のお別れ会の事例などについてご紹介したいと思います。

大人のお別れ会!ストーリーのサービス内容や料金とは?

ストーリーのサービス内容や料金
ストーリーには「基本サービス」「組み合わせサービス(オプション)」とがあります。

サービス概要

基本サービス
専任プロデューサー、企画プランニング、当日の進行(司会)、ベーシック祭壇、受付セット貸出
組み合わせサービス
会場手配、料理、オリジナル祭壇、献花、当日アテンド、プロ司会、案内状・礼状、お返礼品・記念品、音響・照明、映像制作

以上がストーリーのサービス内容です。基本サービスのみの申し込みの場合には料金が最安になり、組み合わせプランを申し込むと項目ごとに料金が加算されていくという形ですね。

興味深いのは、組み合わせサービスのオリジナル祭壇です。これは故人の生前の趣味や活動などをもとに自由に設計できるというものでして、たとえば音楽の好きな人であったなら、楽器の模型や何かをあしらうといったことも可能でしょう。

このようにその人にぴったりのお別れ会を企画することができるのがストーリーの魅力であり、通常の葬儀社との違いです。

次項からはストーリーの料金をご紹介してまいりますが、上記の組み合わせプランを利用された場合は、お値段の変わってくる可能性がございます。

特に、会場手配や料理などのオプションは、使用される方が多いことと存じます。後述の料金は、みなさんがお別れ会を開く際には、もう少し高くなる可能性があると考えていただければ幸いです。

会費5,000円〜

会費5000円のお別れ会
ストーリーの最安プランは、会費5,000円のお別れ会です。

基本サービス+献花オプション、参加者50名でこの価格となります。したがって、ストーリーへの支払い金額(基本料金)は5,000円✕50人で250,000円になるということです。

250,000円という金額を聞くと、ちょっと高いなと思われてきますが、当然これは主催者がすべて自腹で支払うものではありません。

参加者の方々に1人5,000円ずつ負担していただき、それをまとめてストーリーに支払う形となります。

5,000円という金額は、人が大勢集まる会合のそれにしては安いほうだと言えるでしょうし、これなら無理なく参加できるという方も多いのではないでしょうか。

ただ、注意していただきたいのは、このプランには会場手配や料理などのサービスが付帯していないということ。自分で場所を押さえ、もし必要であれば料理の手配もしなければなりません。

会場費用や料理費用を主催者がすべて負担するのは現実的に難しいものがあると思います。したがって、会を開く際には5,000円よりももすこし多めに会費を支払っていただく形になるでしょう。

会費5000円プランの詳細へ

会費10,000円のお別れ会

会費10000円のお別れ会
会費10,000円のお別れ会は、あくまで一例ではありますが、基本サービスに「オリジナル祭壇・献花・会場手配・料理」を組み合わせたものです。

ほぼすべて、ストーリーに任せっきりでよいので、気軽にお別れ会を開催することができます。

想定人数は100名で、会費は1人10,000円。したがってこのプランの料金総額は100万円となります。

結構なお値段ですが、1人当たりの会費の額は、葬儀に参加する際に故人の親戚がお渡しする香典の最安相場と同額です。ですので、それほど高額とも言えないでしょう。

会費10,000円のプランなら、例のオリジナル祭壇を作ってもらうこともできるので、個人的にはこのプランがいちばんおすすめです。

会費10000円プランの詳細へ

会費20,000円のお別れ会

会費20,000円のお別れ会
この辺りから「お別れ会」と聞いて想像するそれよりも、会費が高くなってきますね。

会費20,000円のプランは、基本サービスに「オリジナル祭壇・献花・会場手配・料理・プロ司会・返礼品・記念品」がついていて、想定参加人数は80名です。ですから料金総額は160万円となります。

楽器の演奏やハイグレードホテルでの開催など、演出の自由度も上がります。

このプランに関しましては、たとえばご故人が会社の社長であったり、芸能人であったりした場合に向いているものと言えるでしょう。

プロの司会もつきますから、ご故人とのお別れの時間をより有意義で心に残るものとできそうです。

会費20000円プランの詳細へ

まずは相談しましょう!

以上が、ストーリーで提供されているサービスの概要となります。

組み合わせの仕方によってはより安価なプランにも、より豪華なプランにもなるでしょう。基本サービスとオプションの組み合わせ、演出の仕方などによって料金は変わってきますので、まずは会社に相談されてみてはいかがでしょうか。

相談だけであれば無料ですので、気軽にお電話をしてみてください。

電話でのお問い合わせ

ストーリーの電話番号
0120−063−925
土日祝日は070−5027−694
3全国対応・無料相談・年中無休

組み合わせ自由!ストーリーのお別れ会の実例

では実際にストーリーではどのようなお別れ会をすることができるのでしょうか。

ストーリーの公式サイトにいくつか事例が掲載されていますので、いくつか興味深いものをピックアップしてみましょう。

私が真っ先に気になったのは、野球の監督をされていた方のお別れ会です。

オリジナル祭壇はなんと野球場仕様。葉を敷き詰めて芝生を模した台のうえに、白いお花でホームベースやバッターボックス、ピッチャーマウンドが描かれているのです。

ピッチャーマウンドにはご故人のお写真が立てられ、献花台にはなんと「野球ボール」が。献花ならぬ献球でご故人を偲ばれました。

お別れ会は始球式から始まり、ご故人のお写真の前で、ご遺族の方がキャッチャー役の方へむけて見事な投球。無事に成功して会場内には拍手が沸き起こったようです。

ストーリーに頼めばそんなことまでできるのか、と驚かれた方も多いのではないでしょうか。そうなのです。

ストーリーはご故人、ご遺族の意に沿う形で、非常に自由度の高い、オリジナルのお別れ会を提供する会社なのです。

格式高いお葬式も亡くなられた方とのお別れの方法ですし、それは全く悪いものではありません。しかし、こういった形でのお葬式や、あるいは後日のお別れ会も、ご遺族、ご友人の方々にとって心に残るものとなるのではないでしょうか。

AIとお別れ会!?

続いては、お別れ会にペッパー君を招いた事例です。時代の先を読むことに長けていたというご故人、そのお別れ会ではAIロボットのペッパー君を招きました。

さらに、税理士法人の創業者と、勉強家であると同時にぶどうの経験者でもあったご故人。お別れ会では演武が披露され、ご参列の方々を魅了しました。

オリジナル祭壇では、ご故人がご自宅でくつろいでいる印象がご遺族の方々の心に残っておられたことから、ミニサイズのこたつを置いてご自宅を再現。お料理にはご故人の好物であった柏餅が振る舞われました。

社葬ということで、ご参列の方々の多くは事務所の職員や関係者。演武にお別れ会の発起人であるご子息が参加され、その際には客席から大歓声が上がったとのことです。

非常にアットホームで暖かな会となりました。

クリエイターを偲ぶ会も可能

このように、ストーリーを利用すればご故人の生前の生活習慣や仕事、趣味、性格などに合ったお別れ会を企画、開催することができるのです。

しかもそればかりではなく、たとえば小説家や映像作家など、偉大な人物を「偲ぶ会」も企画可能です。ストーリーの利用方法は、ご家族とのお別れ会だけに留まらないのです。

最近では、株式会社サンライズ様で主に活躍されたクリエイター、塩山紀生さんを偲ぶ会が開催され、100名を超える人々がご参加されました。

たとえば皆さんのご親族に、小説家、映画監督、作曲家、演奏家などはいらっしゃらないでしょうか。

ファンの方々は、その偉大なる人物が亡くなられてもなお、その人との繋がりを持ちたいと願うものです。偲ぶ会を開催すれば、ご故人とファンの方々との交流を図ることができます。

親族ではないけれど、好きな作家さんを偲ぶ会を開きたいという場合にも、ご遺族の方に許可を取ることができれば、開催は可能だと思います。

ストーリーの担当者にぜひご相談されてみてください。

ストーリーのサービス内容や料金まとめ

ストーリーのサービス内容や料金まとめ
以上、ストーリーのサービス内容や料金、実際に行われたお別れ会の例をご紹介いたしました。

会費5,000円からお別れ会を企画、開催することが可能で、オリジナル祭壇などのオプションをつければ、野球場や自宅を模すなどの工夫をすることが可能となります。一生心に残る素晴らしいお別れ会になることは間違いありません。

お葬式に行くことができなかった、都合が合わず来られなかった人がいた。そのような場合にはぜひストーリーに相談し、お別れ会を企画してみてください。

ご故人もきっと喜ばれることでしょう。

  • この記事を書いた人

ソーサイ

ご家族や親族の急な葬儀でお困りの方必見!葬儀やお墓に関しての情報や費用の比較など、どこよりもわかりやすく解説していきますよ!

-葬儀・お葬式の費用比較

Copyright© 【葬儀のお悩み解決】お葬式の費用や準備ならお任せ!安心の業者比較 , 2019 All Rights Reserved.